ダークモード

自分流コンマのつく大きい数字の簡単な読み方まとめ

以前からコンマのつく大きい数字を読むのが苦手で、そのような数字を目の当たりにしたときには、いつも一の位から一、十、百、千、…と数えて読んでいました。

そんな自分が、3ケタ区切りの数字を簡単に読む方法を全力で考えてみたところ、合点がいく方法が見つかったので、ここに備忘録として書きなぐっておきます。

そもそも3ケタ区切りは日本語に馴染まない

英語の数字は1000で単位がひとつ上がるのに対し、日本語は10000で単位が上がります。

数字を3ケタに区切るのは、前者のような文化圏でコンマの位置と単位を一致させるようとするからであり、10000で単位が上がる日本語圏において3ケタ区切りで読むことは、コンマで区切って数字を読みやすくする、という目的からは外れています。本末転倒と言わざるをえません。

よって日本語では、国際的な文書を取り扱う場面以外では、4ケタで区切って読む方が理にかなっています。

数字読み
498,019,159498million 19thousand 159 → 4億9801万9159
4,9801,91594億9801万9159

明らかに4ケタ区切りのほうが読みやすい…。

しかし実際は、諸外国に合わせて3ケタずつ区切られることがほとんどで、「俺は3ケタ区切りが大嫌いだ!!」と叫ぼうもののなら、奇異の目に晒されること間違いありません。

なので現実的には、何としても日本語で3桁区切りで読む方法を考えましょう。

日本語で簡単に3ケタ区切りで読む方法

単位を覚える

英語が得意な人や、某クッキー焼きゲームが好きな方はすでに頭に入っていると思いますが、まずは下の表を頭に入れておきます。

英語コンマの位置日本語
thousand右から1つ目1000
million右から2つ目100万
billion右から3つ目10億
trillion右から4つ目1兆

数字を読むときの頭の中の流れ

  1. 一番左の数字から、最初のコンマまでの1~3つの数字を英語で読む
  2. 日本語に変換する
  3. 英語は(trillion以外は)大雑把な単位なので、足りない位を補うために、さらに1~3ケタ右にずらして読む
  4. 残りの数字は、コンマを無視して4ケタずつ読む

これだけでは分からないので、具体例をみてみましょう。

例1

498,019,159

まず一番上の区切りを英語で読み、日本語に変換します(498million → 4億9800万)。

millionは「100万」単位なので、「10万」と「1万」のケタがまだ読めていません。なので、4億9800万を頭に残したまま、視線をあと2ケタ右にずらして読みます(4億9801万)。

最後に、コンマを無視して残りの数字を4ケタずつ読みます。(4億9801万 → 9159)

例2

52,968,987,156

まず一番上の区切りを英語で読み、日本語に変換します(52billion → 520億)。

billionは「10億」単位なので、「1億」のケタがまだ読めていません。なので、520億を頭に残したまま、視線をあと1ケタ右にずらして読みます(529億)。

最後に、コンマを無視して残りの数字を4ケタずつ読みます。(529億 → 6898[万] → 7156)

例3

3,002,968,987,156

まず一番上の区切りを英語で読み、日本語に変換します(3billion → 3兆)。

trillionは「1兆」単位なので、兆でさらに右のケタを読む必要はありません。

あとは、コンマを無視して残りの数字を4ケタずつ読みます。(3兆 → 0029[億] → 6898[万] → 7156)

数字を読む練習をするゲーム

思いつきで、コンマのつく大きい数字を読む練習ツールを作りました。ブラウザ上で無限に数字を読む練習ができます。遊んでみてください…。