Netlify Managed DNSでGoogle Search Consoleの認証をする

Google Search Consoleではドメイン単位でサイトを追加する際にDNSにTXTレコードを追加して、ドメインの所有権を確認する必要があります。

このとき、Netlifyが提供しているDNSを利用している場合には、Netlify側でも作業を行います。

手順

Google Search Consoleでの作業

Google Search Console

プロパティの追加からドメイン名を入力して、予め上の画面からTXTレコードを取得しておきます。

Netlifyでの作業

NetlifyでDomain settingsを選択

Netlifyへログインして登録するサイトを選び、「Domain setteings」を選択。

NetlifyでGo to DNS panelを選択

Custom Domainsからドメインを選び、サブメニューから「Go to DNS panel」を選択。

NetlifyでAdd new recordを選択

「Add new record」を選択し、DNSレコード入力画面を開きます。

NetlifyでTXTレコードを入力

Record typeに「TXT」を選び、ValueにGoogle Search Consoleで取得したTXTレコードを入力します。


CSSアニメーションだけでタイマーを作ってみた

CSSの限界に挑戦ということで、CSS3のアニメーションとCSS変数(カスタムプロパティ)を駆使して、キッチンタイマーを作ってみました。

デモ

デベロッパーツールで.timer_displayに掛かっている overflow: hidden;を解除するとアニメーションの仕組みがよく分かります。

カウントダウンタイマー(2分計)

カウントアップタイマー

仕様

  • カウントダウンとカウントアップを設定できます。カウントダウンタイマーは、計測する時間を自由に設定できます。
  • CSS変数でカウントの方向、計測時間を指定できます。
  • 真ん中の白いボタンにカーソルを当てている間は、タイマーが一時停止します。
  • カウントダウンタイマーは終了したら数字が点滅します。

解説

HTML

1
2
3
4
5
6
<div class="timer" style="--timer_min: 0;--timer_sec: 60;--timer_direction:reverse;">
<div class="timer_button"></div>
<div class="timer_display">
<div></div>
</div>
</div>

カウントの方向、計測時間を管理している変数をHTML側で指定しています。変数にとれる値は次のとおりです。

変数
–timer_min(分) 0~60
–timer_sec(秒) 0~59
–timer_direction forward(カウントアップ), reverse(カウントダウン)

カウントアップのときは、--timer_minに60、--timer_sec に00を指定してください。

CSS

当ページのデモでは、数字のフォントに別途Google FontsのShare Tech Monoを読み込んでいます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
/* 時計本体の装飾 */
.timer {
display: flex;
flex-direction: column;
width: 240px;
height: 280px;
margin: 20px;
padding: 30px;
background: #eb6ea0;
border-radius: 20px;
box-shadow: 2px 2px 1px 0px #ebbcce;
box-sizing: border-box;
}

/* 液晶部分の装飾 */
.timer_display {
display: flex;
justify-content: center;
width: 100%;
height: 100px;
line-height: 100px;
overflow: hidden;
background: #949494;
font-size: 60px;
border-radius: 2px;
box-shadow: 0px 0px 4px #666 inset;
font-family: 'Share Tech Mono', monospace;
text-align: center;
}

/* ボタンの装飾 */
.timer_button {
content: "";
display: block;
order: 2;
width: 40px;
height: 40px;
margin: 24px auto;
background: #fff;
border-radius: 50%;
box-shadow: -70px 0px #fff, 70px 0px #fff;
}

/* キーフレームの設定 */
@keyframes time {
0% {transform: translate(0,0px);}
100%{transform: translate(0,-6000px);}
}

@keyframes flash {
0% {opacity: 1;}
100% {opacity: 0;}
}

/* 数字を準備する */
.timer_display::before,
.timer_display::after {
display: block;
content:'00\a 01\a 02\a 03\a 04\a 05\a 06\a 07\a 08\a 09\a 10\a 11\a 12\a 13\a 14\a 15\a 16\a 17\a 18\a 19\a 20\a 21\a 22\a 23\a 24\a 25\a 26\a 27\a 28\a 29\a 30\a 31\a 32\a 33\a 34\a 35\a 36\a 37\a 38\a 39\a 40\a 41\a 42\a 43\a 44\a 45\a 46\a 47\a 48\a 49\a 50\a 51\a 52\a 53\a 54\a 55\a 56\a 57\a 58\a 59';
white-space: pre;
}

/* 分の計算・アニメーション */
.timer_display::before {
animation: time 3600s steps(60, end), flash 1s steps(2, start);
animation-direction: var(--timer_direction);
animation-delay: calc(-1s * (3600 - 60*var(--timer_min) - var(--timer_sec))), calc(1s * (60*var(--timer_min) + var(--timer_sec)));
animation-iteration-count: 1, infinite;
}

/* 秒の計算・アニメーション */
.timer_display::after {
animation: time 60s steps(60, end), flash 1s steps(2, start);
animation-direction: var(--timer_direction);
animation-delay: calc(-1s* (60 - var(--timer_sec))), calc(1s * (60*var(--timer_min) + var(--timer_sec)));
animation-iteration-count: calc(var(--timer_min) + 1), infinite;
}

/* コンマのアニメーション */
.timer_display div::before {
content: ":";
}

.timer_display div {
animation: flash 1s steps(2, start) infinite;
}

/* ボタンにhoverしたときにタイマーを止める */
.timer_button:hover + .timer_display::before,
.timer_button:hover + .timer_display::after {
animation-play-state: paused;
}
  • .timer_display::before.timer_display::afterの中に、分と秒で使う0から60の数字を改行込みで入れています。
  • CSSのanimationを用いて分と秒をバラバラに動かしています。
  • animation-delayは負の値を設定することで、再生をはじめるキーフレームの位置を指定できます。 (参考:https://teratail.com/questions/9518)今回は入力された変数を元にどこから再生を始めるかをcalcで導出しました。
  • animation-iteration-countではアニメーションの回数を指定します。分は60分で1サイクルなので1回、秒は分を元に回数を計算しています。